忍者ブログ
~Sun-Ctus
2018/11/13  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「明日…」

藁にも縋る思いでここまで来た。占い…また、不確かなもの。いや…天界では、占いというのは神聖なものだった。天空城には神官と共に占い師が多く住んでいた。彼らは普段、城の外には出ない。いつ何時、不浄なものの犯されるかも知れないと地下の隔部屋を与えられた。彼らが姿を現すのは、聖霊祭のときのみ。

「俺も、彼らのことはよくは知らない」

―幽閉…そんな言葉が浮かぶ…

「…ふっ…俺はとことん、ゼウスのことが信じられなくなっているようだな」

自嘲。己の心の不浄にユダは、瞳を閉じた。

「俺は、どうなっていくんだろうな」

ひとつの不信が次の不信を生む。そして、その不信が疑惑に変わった時、ユダの心から『神』は消えた。光の中に一筋の影。それは日を追うごとに長く、色を濃くしていった。

「もう…戻れないのかも…しれないな…」

そうなったら…

「そうなったら、この地上でシンと二人で暮らすのもいいな…」

そう、二人なら…それもいい。思い悩んでいても仕方ない。今は、目の前にあることを信じて歩いて行くしかない。

「…この手にシンを取り戻す為に……」

PR
prev  home  next
カウンター

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)