忍者ブログ
~Sun-Ctus
2018/11/13  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「そうだな…聞いてもらおうか…」

ユダはベッドに腰を下ろし、窓から差し込む月に明かりを見上げながら話し始めた。

「…この月光のような天使の話だ…」

瞳を閉じ、一つ一つの言葉を抱きしめるように…シンの事を語り始めた…

長かったのか、それほど時間は経っていないのか。話終わっても瞳を閉じたままのユダの横顔を見つめながら侑徒は理解不能の感情に襲われていた。

(なんなんだ…この暗い感情は…こんなモノが私の中にあったのか?)

話を聞き終わったら占うつもりだった。ユダが探している地上の虹。ユダが守りたいと思っている天使の事。なのに、侑徒の指は、動こうとしてくれなかった。

「ユダ……」

「ああ、すまない…すべてを話せず、要領の得ない内容になってしまったかもしれないな。もし、お前の占いに必要なら、俺の心を読んでもいいぞ」

(ユダの心を、読む…?)

それが今の侑徒にとって、至上の誘惑に思えた。読みたい、ユダの心を…しかし…

(今…ユダの心を読んだら…きっと…)

ユダの話の中に何度も出てきた『シン』という名の天使。彼を助ける為に地上の虹を捜しているとのだという。シンは、地上での戦いで瀕死の重傷を負い、フォルトナ村近くの洞窟に氷室を作り、その中で時間を止めているという。

(そんなにもユダ、あなたはシンを…)

「す、すみません…水が、濁っているようです…汲みなおしてきます」

「俺が行こう。その桶は以外と重い」

「………っ、い、いえ、大丈夫です。すぐに戻ります」

逃げるように部屋を出た侑徒。幼い頃より、占いの素質があると王宮に採りたてられ、ほどなく占術師長の位を与えられた。王はそんな侑徒を王族のように扱い、贅沢をも与えた。

今回のことも王に我儘を聴き入れてもらったのだ。欲しいものなどすぐに手に入った。

なのに…

(…欲しい……ユダの心が…どうしてこんなに……)

欲しいなら、手に入れればいい、いつものようにこの微笑みと仕草で…だが、ユダにはそうしてはならない禁忌を感じていた。

「それに…」

(私がいくら欲しがってもあの人の心は…手に入らない気がする…)

それは、侑徒にとって生まれて初めての『諦め』だった。

PR
prev  home
カウンター

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)